<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< セカンドライフ上陸 〜COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2007年 2/1号より〜 | main | 松井冬子 〜【後篇】広告批評 2月号より〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.29 Sunday  | - | - | - | 

蜷川実花、「さくらん」 〜【前篇】広告批評 2月号より〜



今号の「広告批評」カバーは、蜷川実花撮影。ニナミカワールドなお色でしょ??蜷川実花の作品は、生々しいカラーと、ガーリーで妖艶な世界観が好きです。日本のエレン・フォン・アンワース、ってアタクシは思っとりますが(笑)。以前、ブログでご紹介した清川あさみ展にて、清川さんが作った着物を着た麻生久美を撮影していたのも、蜷川実花でござーます★清川あさみ、麻生久美ってな、ちょいサブカル的な方々とのコラボっぷりが多いとこも、ニナミカを気に入っているところ(笑)。そんなニナミカが、この度、映画「さくらん」で監督デビューを果たしまして、本誌で取り上げられております。遊郭の遊女が花魁になっていく姿を描いた、映画界に乗り込んで行くのに引っさげてく作品としては申し分ない、ニナミカにピッタンコな題材♪しかも、音楽が椎名林檎ってゆーのには、アタクシ、ついに来たかーっ!!と大盛り上がり(笑)。だってえー、ニナミカの妖艶でガーリーな世界は、林檎のそれにすんごい似ているって、かねてから思っていたんでよ〜(まじ)。ついに、映像と音楽の異なる分野で独自の世界を築いてきた2人が、「ウチら、似てネ?」ってことで共作と相成ったわけ。さらに、主演の土屋アンナだけにとどまらず、その他キャスティング勢も、すんごい盛大なラインナップになってるの。とくに、サブカル系に分類させていただきたい安藤政信、そんで、われらが妖怪、夏木マリ(笑)ってとこが、オイラとしては大変めでたく思っていて、他にも、フジ子・ヘミングなどの難役もこなせちゃう実は演技派、菅野美穂や、椎名桔平、成宮寛貴、永瀬正敏、木村佳乃などなど。名前を見ただけで、こりゃもう祭り気分★(うひゃ)

ま、こんだけ熱弁さしてもろても、妖艶って何なのさ??って思ってるお方、そして、「さくらん」の世界をもっと知ってみたいってお方は、↓公式サイトが、シッカリめに作られておりますんで、ご覧になってみてちょ♪サイト内にトレイラーも、ありんす。ちなみに、公開は、関東で2/24から先行されまして、その他の地域は3/3からでござーます。ソフィアといいビヨといい、ガーリーが押し寄せているムード♪(笑) 



「さくらん」 official website
・清川あさみ展の記事はコチラ
2007.02.17 Saturday 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | book | 

スポンサーサイト

2008.06.29 Sunday 15:55 | - | - | - |